「テリトリーシェア」という呼び名がついている恋愛テクニックは、対象の人の生活テリトリーのことを語り出したときに「偶然!私が一番食べたい飲食店のある地域だ!」と驚くという手段。
クライアントの社員や、ごはんを食べに行ったレストランなどで申し訳程度に社交辞令を交わした相手、これも正真正銘の出会いと言えるでしょう。こういう日常生活において、男として、女としての自覚をさっさと止めていませんか?
特長のない自分に出会いなんてない、などと諦めないで。まずはアクションにつなげることが大切。出会いの機会はあちこちにあります。出会いを堪能できる無料出会い系サイトに頼ってみてはいかがでしょう?
戸籍謄本などの提示は当たり前、成人で独身の男の人だけ、男性はニートNGなど、条件が厳しい婚活サイトは、真剣な出会いを渇望している方達のみが選出されて登録することになります。
短大やオフィスなど一日の大半を一緒に過ごしている顔見知り同士で恋愛が芽生えやすい原因は、ホモサピエンスは四六時中一緒のスペースを共有している人に興味・関心を抱くという心理学的に言うと「単純接触の原理」という定義が解き明かしています。
「出会いがない」とうそぶいている男女は、本当のことを言うと出会いがないわけではなく、出会いということに敏感になり過ぎているという考え方があるのは間違いないでしょう。
心理学によれば、人々は初顔合わせから大体3回目までにその人間に対する立ち位置がはっきりするというロジックが存在します。たかが3度の面会で、その方が所詮顔見知りなのか恋愛感情が生まれるのか見極められるのです。
斬新な心理学として女の人に親しまれている「ビジョン心理学」。“恋愛無縁仏改心”を試みる現代女性たちに、マッチする、プラクティカルかつヒーリングとしての心理学と言って間違いありません。
幸せの女性/男性は、各々がエンヤコラと手繰り寄せでもしないと、見つけ出すのは至難の業です。出会いは、取りに行くものだというのが持論です。
恋愛相談ではたいていの場合、相談を依頼した側は相談をお願いする前に思いは定まっていて、単純に気持ちの整理を後回しにしていて、自身の懸念を隠したくて肯定してもらうのを待っているに違いありません。
○○ちゃんに会えると最高の気分だな、癒やされるな、とか、接点を持ってからだんだんと「彼にぞっこんだ」という本心に気づくのです。こと恋愛においてはそんな時間が外せないのです。
恋愛についての悩みは九分九厘、形態が定まっています。ご承知おきの通り、各々状態は同じではありませんが、ワイドな視野で捉えれば、しかれどおびただしい量があるわけではありません。
女の人向けの雑誌にも数々の無料出会い系のCMが掲載されています。大きそうな会社の無料出会い系ならば登録もアリかな?と思っている若い女性が今、巷にあふれています。
自分史における経験からすると、取り立てて仲が良いわけでもない女の子が恋愛相談を提案してくるケースでは、大抵自分だけに持ってきているのではなく、その女の人が普段顔を合わせている男性全てに提案している確率が高い。
生身の恋愛では、頭に描いたビジョン通りの展開にはなりませんし、そのお付き合いしている人の価値観を思い量ることができなくて悶々としたり、些細な事で落ち込んだり喜んだりするのです。

「木炭」 はどうやって作るの?
今更ながらの質問で恐縮です。 昨日、会社の帰りに友人と焼き鳥で一杯やりました。 その時、炭を見て感じたのですが、炭って元々はただの木ですよね。 木を伐採して適当な大きさに切…(続きを読む)